【浜松】9月21日(金)「効果的な360度フィードバックの方法」セミナー ~マンネリ化している人事評価に代わる新たな管理者育成の手法!~

【開催の背景】

脳科学の解明により、レイティング(評価段階付け)による人事評価が、成長やパフォーマンスに十分に機能しないことが明らかになってきました。そんな中、管理者・リーダーの成長促進のために360度フィードバックを導入する組織が増えています。360度フィードバックを効果的に進めるためには、一定の手続きと仕掛けが必要です。本講座では、360度フィードバックが求められる背景、その具体的な進め方について事例を交えてお伝えします。

 

【こんな方にお勧めです】

□管理者が一皮向け、飛躍するためのきっかけがほしい

□ベテランの管理者・リーダーが多く、成長が止まってしまっている

□上司下達が強く、管理者がフィードバックを受ける機会がない

□人事評価制度が形骸化し、成長を支援するものでなくっている

 

【プログラム】

1.なぜ、360度フィードバックなのか

  〇 マネジメント層の教育支援が難しい理由

  〇 リーダーが開発すべき「自己認識」能力

  〇 リーダーシップ開発は「成長」から「発達」へ

  〇 「弱点」の克服が、可能性を開花させる

 

2.360度フィードバックの効果的な進め方

  〇 失敗する360度フィードバックの特徴

  〇 スムーズに導入するための仕掛け

  〇 被験者に起こる4つの反応プロセス

  〇 受容と気づきを生むフィードバックの方法

  〇 フィードバックの文化を組織に根付かせる

 

3.事例紹介と質疑応答

 

       ※内容は予告なく変更する場合があります。

 

【対象者】

 病院・施設・学校・自治体・NPO・その他非営利組織に所属する管理者・リーダークラス、人事担当者

 ※コンサルティング会社、研修会社などの同業者のご参加はお断りいたします

 

【日時】

 2018年9月21日(金)

 13:30~16:00(開場13:00)

 ※開場時間まで会場には入場できませんのでご了承ください

 

【会場】

 エニシア浜松店(遠州鉄道 第一通り駅から徒歩5分)

 〒430-0944静岡県浜松市中区田町223-21 ビオラ田町3F

 

【定員】

 16名

 

【受講料】

 5,000円(税込)

 

【主催】

 Bee-Labo(ビーラボ) http://bee-labo.com

 

【講師】

 

Bee-Labo 共同代表 渥美崇史

大学卒業後、ヘルスケアに専門特化したコンサルティンググループ株式会社日本経営に入社。主に医療機関の人事評価制度設計、報酬制度設計などの人事コンサルティングを担う。その後、人材開発に軸足をシフト。2009年、ヘルスケアのマネジメントスクール「N college」の新規事業を立ち上げ、事業責任者を務める。プログラム開発、セールス、マーケティング、マネジメント等のビジネス全般を担う。自らもリーダーシップのテーマを担当し、研修・ワークショップのファシリテーションを務める。研修実施回数は1,000回以上、受講者数は延べ25,000人を超える。

その後、従来の問題解決手法に限界を感じ、人間の内側や関係性から人や組織の変容を起こす「学習する組織」「U理論」に出会う。それらの理論と体験をベースにホールシステムアプローチを用いたリーダーシップ開発、組織開発に取り組む。

2016年、13年間務めた会社を退職し、独立。これからの人×組織×社会のあり方を模索する中、あらためて人間とは何かを深く理解するため、社会心理学、身体心理学、教育学、脳科学、物理学、自然科学、哲学など様々な分野の学問を学び、物質世界と精神世界の繋がりを探る。2017年、Bee-Laboを設立。

 

<執筆>

ナーシングビジネス 「タイプ別 主任のリーダーシップの伸ばし方」

月刊「集中」 「人と組織を創る病院経営」

看護展望 「マネージャーを見据えたヒューマンスキルの開発」

月間福祉 「事業者における職場づくりの視点」

 

【申し込み】

http://bee-labo.peatix.com