メンバー紹介

Bee-Labo
共同代表 渥美崇史

大学卒業後、ヘルスケアに専門特化したコンサルティンググループ株式会社日本経営に入社。主に病院組織の人事評価制度設計、報酬制度設計などの人事コンサルティングを担う。その後、人材開発に軸足をシフト。2009年、ヘルスケアのマネジメントスクール「N college」の新規事業を立ち上げ、事業責任者を務める。プログラム開発、セールス、マーケティング、マネジメント等のビジネス全般を担う。自らもリーダーシップのテーマを担当し、研修・ワークショップのファシリテーションを務める。その後、従来の問題解決手法に限界を感じ、人間の内側や関係性から変容を起こす「学習する組織」「U理論」に出会う。それらの理論と体験をベースにホールシステムアプローチを用いたリーダーシップ開発、組織開発に取り組む。

2016年、13年間務めた会社を退職し、独立。これからの人×組織×社会のあり方を模索する中、あらためて人間とは何かを深く理解するため、社会心理学、身体心理学、教育学、脳科学、物理学、自然科学、哲学など様々な分野の学問を学び、物質世界と精神世界の繋がりを探る。2017年、Bee-Laboを設立。

<執筆>
ナーシングビジネス 「タイプ別 主任のリーダーシップの伸ばし方」
月刊「集中」 「人と組織を創る病院経営」
看護展望 「マネージャーを見据えたヒューマンスキルの開発」
月間福祉 「事業者における職場づくりの視点」

Bee-Labo
共同代表 吉田大祐

学生時代、アメリカンフットボール部に所属。日本一を三度経験する。大学卒業後、株式会社三井住友銀行に入社。神戸市を中心に融資、外為、資産運用、ビジネスマッチング等の法人営業全般を担う。

2008年、ヘルスケア業界に専門特化した人材紹介会社である株式会社MHPに入社。創業メンバーとして経営に参画する。医師、看護師、介護士の転職活動を支援しながら、大阪を拠点とした全国主要都市部での営業活動を通じ、約350件の新規顧客を獲得する。その後、近畿地方民間病院に出向、事業再編を担う。地域連携室に所属し、営業経験の無い医師、看護師と同行して地域への営業活動を行い、その功績が認められ地元メディアに取り上げられる。医療介護従事者の離職率の高さ、モチベーションの低さに問題意識を感じ、コーチングを主体とした人材開発・組織開発を始める。

2015年、同社を退職し、独立。幼少期より蛍の繁殖を独自で行うなど野生動物の生態系への関心が強く、あらためて自然環境と生物の繋がりを学び直す。社会性を持つミツバチやアリの生態系を探る中で組織も同様に様々な要素が相互に関連することで循環する有機的なシステムであることに気づき、その知見をベースに中央集権ではない自律分散型の組織マネジメントへの変容を手掛ける。2017年、Bee-Laboを設立。

会社概要

会社名

Bee-Labo(ビーラボ)

創業

2017年4月

代表者

渥美 崇史 吉田 大祐

事業内容

病院・施設・学校・自治体・NPO・その他非営利組織の組織開発、リーダーシップ開発の支援

住所

〒560-0084 大阪府豊中市新千里南2-3-28-510

FAX番号

 06-7635-5008